*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母がくれた言葉たち
 幼稚園から習っていたフラメンコを、高校生になってお休みしました。
勉強と部活が忙しくなったからです。だけど、私はその部活でいじめに
あいました。そして私は病気になり、部活にも学校にも行けなくなりま
した。
 お母さんはそんな私を見て、いろんな言葉を言いました。いじめる側
じゃなくて、いじめられる側でよかった。いじめられる人の痛みを知る
ことができたから。少しの間がまんすれば相手はすぐに飽きるから大丈
夫。次はいじめてる人がいじめられるから見ててごらん。部活なんてや
めてフラメンコに戻れば?フラメンコがあってよかったじゃない。私は、
お母さんが私の苦しさを軽く考えていると思い、いじめられて良かった
なんて言うお母さんを最低だと言ってしまいました。
 だけど、時間がたってみたらその言葉たちは全部本当でした。いじめ
はすぐにおさまり、ターゲットはローテーションしていきました。私を
いじめていた人がいじめられていくのを見ました。私はお母さんと約束
したことを思い出しました。次におこるいじめに参加しないこと。いじ
められる側の苦しさを知っていたから、絶対にいじめる側にはまわらな
い。いじめられてよかった。この言葉の意味を初めて理解しました。
 そして私は部活をやめました。小さい頃からやっていたフラメンコを
続けたいからという理由で。フラメンコがあってよかったという言葉も
よくわかりました。ほんとにあってよかったです。病気も治りました。
今は楽しく踊っています。

(風の谷・ホワイトクッキー/高1)

ホワイトクッキー

※パセオフラメンコ 24年6月号掲載作品
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
プロフィール

ヨランダ

Author:ヨランダ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。